我が家のUV対策をカーテンで考える

強い日差しが気になってカーテンを引いたら、レースの部分がなんだかほつれていました。それを見てもうずいぶんと長い間使ってきたことにあらためて気づきました。そろそろ買い換えの時期なのかもしれません。ちょっとお値段が張るかも知れないのですが、自分の感性にマッチしたデザインのものがあれば交換してもいいかなと思いました。家としては日差しがたくさん入ってくるのはうれしいことなのかもしれません。南向きの間取りは不動産の宣伝でも売り文句になるでしょう。しかし実際に生活していると日焼けのこともあるので単純にいいとは言えません。日が入ると部屋がカラッとしてじめじめしないというメリットはたしかにあります。じめじめは除湿機など年中対処しなくてはいけない場合もありますのでそれはそれで大変と思います。しかし日が入ることで今度はUVケアも大変になってきます。そこでカーテンはデザイン性だけではなく性能も欲しくなってしまいます。

遮光の能力です。上手に日光を使い分けるには遮光カーテンが重宝することでしょう。遮光でいきなり日差しをカットしてしまえます。日差しの害は気になります。大切な家具やモノを変色させる恐れがあります。こういう悲劇は避けたいところですね。あと人間の害にも注目しておかなくてはいけません。日差しがUVとして人の肌に悪影響を与えることも今では常識として捉えられるようになってきました。こういう害も遮光カーテンなどの処置で対処できます。家がUVに無防備な空間であっていいわけありません。もちろん家のなかで日傘をさすわけにもいきません。そういう点でもなんらかのUV対策はとっておくべきでしょう。そういった遮光でUV対策をすると困ったことが出てきます。それは必要以上に暗くなることでしょう。そんな少し日差しの明るさが欲しい時は薄くて透ける素材のカーテンがいいみたいです。薄いことは透過性が高く日差しを通す事につながりますが、ミラー加工などでそれでも反射させて軽減するような機能性を持ったものを探してみるのもいいでしょう。

日差しをコントロールするという意味ではブラインドが役立つかもしれません。日差しの角度を変化させることができ、光を間引くような働きのあるブラインドは、遮光に優れたものを選べばかなり日差しをカットできそうです。ブラインドもいろんなタイプがあるようでかなり個性的な選択ができそうです。カーテンやブラインドも機能性を求めながらも雰囲気を演出できるような素敵な一品に出会いたいものですね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*